ここから本文です

県などが研修会 小粒イチヂクの栽培を学ぶ/富山

6/6(火) 19:49配信

チューリップテレビ

 栽培が比較的簡単で収穫までの期間が短い小さなイチジク『小粒イチジク』の栽培方法を学ぶ研修会が開かれました。
 この研修会は県などが開いたもので、すでに小粒イチジクの栽培を始めている生産者や栽培を検討している生産者、農業団体などからあわせて61人が参加しました。

 小粒イチジクは、ほかの果実より栽培が簡単で、枝を選定したあとは、水の管理さえ行えば植栽1年目から収穫できる特徴があります。
 このため、近年、育苗用のビニールハウスの有効活用策として取り入れる農家が増えています。
 研修会では、県が推奨するコナドリアという品種を使って、実演を交えながら枝の選定のしかたや、垂直に成長させる方法、注意点などが説明されました。

チューリップテレビ