ここから本文です

【動画】九州や四国 大雨のおそれ 西から雨雲広がる(6日19時更新)

6/6(火) 17:58配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 水曜日は前線や湿った空気の影響で、雨の範囲が広がる見込みです。特に九州や四国では大雨に警戒が必要です。

 6日(火)は、九州南部と九州北部で梅雨入りの発表がありました。
 7日(水)は、さらに前線が近づくため、西から雨の範囲が広がるでしょう。南から暖かく湿った空気が流れ込むため、九州や四国を中心に大雨となるおそれがあります。九州北部では、7日の夕方までに、多い所で150ミリの雨が予想されています。土砂災害や低い土地の浸水に警戒が必要です。
 午前中は西日本を中心に雨雲がかかる見込みです。活発な雨雲がかかり、雷を伴って非常に激しい雨の降る所がありそうです。昼頃には東海や北陸にも雨の範囲が広がって、夜になると関東や東北にも雨雲がかかり始めるでしょう。 
 北海道でも、夜遅くには雨の降る所がありそうです。一方、沖縄は梅雨の晴れ間が続く見込みです。

 最高気温は朝から雨となる西日本を中心に、火曜日より低くなる見込みです。広く晴れて空気が乾燥するのはいったん終わり、広い範囲で湿度が高くムシムシと感じられそうです。東京の最高気温は23℃の予想です。(気象予報士・及川藍)

最終更新:6/6(火) 17:58
ウェザーマップ