ここから本文です

外房線にはねられ高3男子自殺か 遺書なし /茂原

6/6(火) 12:53配信

千葉日報オンライン

 5日午後1時50分ごろ、千葉県茂原市本納のJR外房線本納-新茂原間の踏切近くの線路内で、千葉県内在住の高校3年生の男子生徒(17)が東京発安房鴨川行き下り特急電車(5両編成)にはねられた。頭などを強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認された。茂原署は自殺の可能性があるとみて詳しい原因を調べている。遺書などは見つかっていないという。

 同署によると、現場は以后塚踏切から新茂原駅方向に約100メートルの場所で、男子生徒は線路内に立っていた。電車が近づいても避難する様子はなかった。JR千葉支社によれば、運転士が線路内に立ち入る人影を発見して急ブレーキをかけたが間に合わなかったという。

 男子生徒は私服で、踏切わきに男子生徒の自転車があった。同署は自殺の可能性があるとみているが、遺書やメモ書きなどはなく、今のところ学校や家族からは学校でのいじめなどについての話は出てきていないという。

 同電車は約68分後に運転を再開。上下6本が運休、同電車など特急2本を含む上下6本が最大78分遅れ、乗客約1600人に影響した。