ここから本文です

世界の出張旅行の未来とは? スマホで変わったビジネス旅行体験と新興勢力の台頭を整理した ―ユーロモニター

6/6(火) 15:30配信

トラベルボイス

ユーロモニター・インターナショナルはこのほど、業務渡航マーケットに関する展望を「ビジネストラベルの未来像、AIからZまで(The Future of an Industry AI to Z of Business Travel)」と題するレポートにまとめた。レジャー市場に比べ、変化の波が緩やかだった業務渡航市場でも、スマートフォンの普及に伴いシェアリングエコノミーが台頭するなど、新しい動きが顕著だ。

同レポートでは、これまで業務渡航市場において、オンライン化の動きが比較的、緩慢だった背景には、企業側と法人旅行会社が協力し、コスト削減や効率化、出張規約の順守に取り組んできたことを指摘。また地域による違いもあり、北米やアジアでは、オンライン利用は法人よりレジャー旅行の分野で先行しているが、西ヨーロッパは逆で、法人旅行でのオンライン利用の方が浸透したとしている。ただしイタリアやフランスなどは例外だ

スマホの登場により、出張者の体験が激変

しかしスマートフォンが業務渡航マーケットの様相を一変させた。出張者は、移動中もリアルタイムで情報にアクセス可能に。またコンカーのようなSaaS(ソフトウェア・アズ・サービス)方式でネットを介してアプリケーションを提供する会社や、予約手配・出張旅費管理サービスを行うスタートアップが登場し、今まで法人旅行会社が優位だった領域を脅かしている。

世界人口の数を上回るスマートフォンが出回り、出張者にとってモバイル機器はなくてはならない存在となったが、必ずしもサービスは追いついていない。

GBTA(グローバルビジネス旅行協会)が実施した年次調査によると、海外出張者の64%は、移動中にモバイル機器で旅程の詳細をチェック。ミレニアル世代に絞るとこの比率はさらに高く、77%に至る。回答者は「Wi-Fiにアクセスできない環境」を「出張中、最もイライラすること」に挙げている。同レポートでは、会員や宿泊客に、完全無料のWi-Fiアクセス環境を提供していないホテルはあまりに時代遅れだと断言する。

ネットを介して単発の仕事を柔軟にこなす「ギグ・エコノミー」の世界的な広がりも、今後、業務渡航のあり方を左右する要因に挙げられる。企業との雇用契約はなく、オンデマンドで仕事を請け負う人や自営業者などは、労働人口全体から見るとまだ少数派で、世界平均で10対1。だが、この層が増加すると出張で利用する旅行サービスの選択基準も変化し、ベスト・バリューを求める傾向が強まると予測。同時に、出張とレジャーの境界線がより曖昧になるため、レジャー関連消費を含まない出張旅費データだけを見ていると、ギグ・エコノミー需要を見誤るリスクも指摘している。

1/2ページ

最終更新:6/6(火) 15:30
トラベルボイス