ここから本文です

西武はG菅野を足で崩す 12球団トップ47盗塁、キーマンは1番金子侑 源田&秋山の並びで揺さぶる

6/6(火) 10:00配信

西日本スポーツ

 西武が「セ界のエース」を足で崩す。6日から本拠地メットライフに巨人を迎えての3連戦。菅野との対戦となる初戦に向け、辻監督は「盗塁があるぞ、と思わせるのは相手への重圧になる」と説明し、ここまで両リーグトップの47盗塁をマークしている機動力を駆使して崩しにかかる。

【写真】片岡安祐美にお立ち台をおねだりされる西武・源田

 足攻めのキーマンになるのが昨年の盗塁王でもある金子侑だ。前カードのヤクルト戦では今季初めて1番に起用され、2番源田、3番秋山と上位トリオを構成。辻監督は「この先も打順を変えない可能性はある」と示唆。巨人戦も、この3人の並びで臨むとみられる。

 左すね痛から5月30日に戦列復帰した金子侑はここまで打率3割1分6厘、3盗塁をマーク。53盗塁でタイトルを獲得した昨季は、1番で47試合に出場して25個の盗塁を決めた。「(1番で)使ってもらえるなら、塁に出て足を生かしたい」とうなずいた。

 現在16盗塁でリーグトップの源田に、秋山も同4位タイの8盗塁で続く。破壊力にスピードを加え、過去対戦3試合で土をつけたことがない菅野に襲い掛かる。

西日本スポーツ

最終更新:6/6(火) 10:00
西日本スポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ