ここから本文です

テクニカ、2.4GHz帯のワイヤレスヘッドホン2モデル発売

6/6(火) 19:08配信

Stereo Sound ONLINE

ATH-DWL770はBluetooth接続にも対応する

 オーディオテクニカから、ワイヤレスヘッドホンシステムATH-DWL770、ATH-DWL550の2モデルが6月23日より発売される。価格はオープンで、それぞれの想定市場価格はATH-DWL770が2万7000円前後、ATH-DWL550は2万円前後となる。

 ATH-DWL770は、ATH-DWL700の後継となるモデルで、非圧縮による2.4GHz帯でのデジタル伝送に対応したヘッドホン。安定した伝送を行なうためのベストチャンネルサーチ機能などは従来機を継承。最大で約30mのリスニングスペースを確保している。

 また、2.4GHz帯の無線を利用したテレビ視聴用途に加え、デジタルポータブルプレーヤー(DAP)などとの連携も視野に入れ、Bluetooth機能を搭載。DAPやスマホなどと無線接続して音楽を楽しむことも可能だ。

 バッテリー駆動時間は最大約12時間で、スマホなどと組合せて屋外で使うこともできる。バッテリーが切れた場合(消費を抑えたい場合など)は、有線接続での試聴も行なえる。なお、有線接続時はハイレゾ対応で、再生周波数帯域は5Hz~40kHz。

 対応コーデックはAAC、aptX、そしてaptX low Latencyの3種類。

 一方のATH-DWL550は、基本構成はDWL770と同じで、Bluetooth機能を省いたモデル。搭載ドライバーは42mm径の密閉ダイナック型で、再生周波数帯域は20Hz~20kHz(ワイヤレス伝送時)となる。

 両機種ともにバッテリーの充電時間は約4時間、使用時間は連続で約12時間となる。付属のトランスミッターが充電スタンドを兼ねる仕様だ。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:6/6(火) 19:08
Stereo Sound ONLINE