ここから本文です

会津若松・鶴乃江酒造が吟醸部門4位 サケコンペティション

6/6(火) 11:07配信

福島民友新聞

 全国の酒蔵の市販日本酒ナンバーワンを決める品評会「SAKE COMPETITION(サケ コンペティション)2017」の審査結果が5日、発表され、本県は7酒蔵の8銘柄が各部門10位以内の金賞に輝いた。県内酒蔵の最高順位は、吟醸部門に出品された鶴乃江酒造(会津若松市)の「大吟醸 ゆり 山田錦」で4位だった。
 6回目の開催となる今回は、ラベルデザイン、発泡清酒の2部門を新たに加えた七つの部門に、445酒蔵から過去最多の1730点の応募があった。本県からは27酒蔵が出品した。

福島民友新聞

最終更新:6/6(火) 11:07
福島民友新聞