ここから本文です

80歳からプログラミングを学ぶ。Appleが認めた日本人女性

6/6(火) 18:38配信

BuzzFeed Japan

「Appleが認めた開発者は82歳の日本人女性」。そんな話が世界中で話題となった。現在サンノゼで開催されているAppleの開発者会議WWDCに「サプライズスペシャルゲスト」として招待されたのが、若宮正子さんだ。御年82歳。彼女は、今年からプログラミング言語Swiftを学び始め、アプリをリリースした。目をピカピカ輝かせてハッキリとかわいらしく話す彼女は、「マーちゃん」という愛称で呼ばれる人気者だ。

82歳の開発者、マーちゃんはなぜAppleから絶賛されたのか

BuzzFeedは彼女に現地で会い、話を聞いた。

母の介護をしている最中、出会ったインターネットに「翼をもらった」

高校を卒業したマーちゃんは銀行に就職し、定年まで勤め上げた。

「私がある程度年齢を重ねてから『女性の社会進出』も好意的になりましたけど、確かに『女は家庭に』という風潮もありました。でも、私は自分に都合の悪いことは耳に入ってこないみたいで(笑)」

社交的な彼女にとって、仕事は楽しいものだったのだろう。それと同時に、60歳以降の生活を少し憂鬱に感じていたそうだ。母の介護に専念しなければならなかったため、外部の世界を見られなくなってしまうと思ったからだ。

家にこもっているとふと思う。「介護とおしゃべりを両立させたいな」と。

そこではじめたのがインターネットだった。シニア向けのサイト「メロウ倶楽部」に参加したのだ。機械音痴だった彼女は、パソコンの使い方すらわからず、接続をするだけで3ヶ月も要した。パソコンがインターネットにつながり、「ようこそ、マーちゃん」という画面上の文字を見た時には、汗と涙で顔を濡らしたそうだ。

「私は翼をもらったのです。その翼はパソコンを使う前には知らなかったような広い世界へ私を連れて行ってくれたんです」

インターネットやパソコンの可能性を感じたマーちゃんは、その後Excelを使ったイラスト作品(Excel アート)を考案し、一躍有名人となった。

「もともと、モノ作りをするのが大好きだったのですが、手芸みたいな作品だと、直接会う人にしか差し上げられないでしょう? でも、友だちだけじゃなく、私と会ったことがない人にも楽しみを与えてみたいなと思ったんです。ロマンを感じちゃうの」

そんな理由から、2017年からプログラミングの勉強をはじめ、シニア向けのゲームアプリ「hinadan」を開発した。「多くのアプリは若い人向けで、私と同世代の人にはつまらない。年をとると、目も悪くなるし、指も思うように動かない。そういう人でも楽しめるように配慮した」ゲームだ。

1/3ページ

最終更新:6/6(火) 18:38
BuzzFeed Japan