ここから本文です

「いいたて村の道の駅までい館」に登録証 福島県内31番目

6/6(火) 11:11配信

福島民友新聞

 国土交通省が福島県内31番目の道の駅として登録した飯舘村の復興拠点施設「いいたて村の道の駅までい館」の登録証伝達式は5日、同村で行われた。
 県道原町川俣線沿いに建設される道の駅は、木造平屋で、延べ床面積は約1080平方メートル。生活必需品を販売するコンビニエンスストアや食堂を設ける。8月12日開業予定。花卉(かき)栽培施設や花卉展示販売スペースも整備、周辺には復興公営住宅を建設する。
 伝達式では、磐城国道事務所の松田和香所長が菅野典雄村長に登録証を手渡した。松田所長は「地域再生の一助となることを願う」とあいさつ、菅野村長は「村民の生活を支えることができる飯舘村オンリーワンの道の駅にしていきたい」と述べた。
 いいたて村の道の駅までい館は、新たな地域活性化の取り組みを国が後押しする重点「道の駅」に選定されている。

福島民友新聞

最終更新:6/6(火) 11:11
福島民友新聞