ここから本文です

【ブラジル】パスコアの影響で4月増収=スーパー業界

6/6(火) 4:52配信

サンパウロ新聞

 ブラジル・スーパーマーケット協会(Abras)によると、2017年4月のブラジルのスーパー業界の実質売上高は16年4月に対して6.27%、前の月に対して4.06%、それぞれ拡大した。今年1~4月累計は前年同期比0.5%増。
 名目値では、今年4月の売上高は16年4月に対して10.65%増、前月に対して4.20%増。また、1~4月累計は前年同期比5.25%増。
 5月31日付伯メディアによると同協会のジョアン・サンゾボ・ネト会長は「4月の売り上げの伸びはパスコア(復活祭)に絡んで予想されていたものだ。年初4カ月間については、業界がすでに成長の軽い兆候を見せ始めたと我々はみている。インフレが減速しており、それが購買力にプラスとなっている。しかし、ブラジルは依然として経済的、政治的に不安定な中にあり続けており、いまだに失業率は高いままで、それが国民の収入に直に響いている」との声明を発表した。