ここから本文です

レアル、“GK問題”に揺れる 会長はデ・ヘアを、S・ラモスとジダンはナバスを支持!?

6/6(火) 16:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ナバスに心強い味方出現

世界的GKとの契約は、最高のグループに水を差すことになるかもしれない。欧州連覇を成し遂げたレアル・マドリードの選手、ならびに監督がケイロル・ナバスへのリスペクトを求めている。

2014年に同じリーガエスパニョーラのレバンテから加入して以降、抜群の反射神経とGKセンスを武器に白い巨人の快進撃を最後方から支えてきたナバス。確かな実力と経験を存分に備えた同選手だが、レアル・マドリードがマンチェスター・ユナイテッドのダビド・デ・ヘアを注視し続けてきたことはもはや公然の秘密だ。

チャンピオンズリーグでも素晴らしい働きを見せたナバスは、今夏のマーケットでの売却が噂されるも、キャプテンのセルヒオ・ラモスはそれを許さない構えだという。スペイン紙『MARCA』が報じた。曰く、ナバスを支持するラモスとジネディーヌ・ジダン監督は、フロレンティーノ・ペレス会長に彼への敬意を示すよう要求。夏に新たなGKとサインする必要が無いと訴えているようだ。

また、仮にデ・ヘアを獲得するとしても、ナバスに対し“フェアな競争のチャンス”を与えるよう求めており、現在のレアルが想像以上に一枚岩のチームとなっていることが窺える。果たしてナバスは「頼もしい仲間」と共に来季もレアルの門番を務めることになるのだろうか。夏の動向に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合