ここから本文です

新型MacBookはCore i5/i7や16GB RAMが選択可能に!Airも超マイナーアップデートしました #WWDC17

6/6(火) 16:30配信

ギズモード・ジャパン

これ、大進化ですよね!

最強スペックのiMac Proや10.5インチの新iPad Pro、スマートスピーカー「HomePod」の発表の影で、ひっそりとアップグレードされていたMacBook。そのアップグレード具合は、きっとMacBookファンを喜ばせるものとなるでしょう。

MacBook Airの画像

まず、新型MacBookではプロセッサに第7世代の「Core m3/i5/i7」が選択可能に。これまでMacBookには「Core M」プロセッサしか用意されていなかったので、プロセッサパワーという意味では大きなジャンプアップとなるでしょう。

その他にも、最大50%高速なSSDが搭載されることでパフォーマンスの速度も最大20%向上します。またメモリーのオプションは16GBが選択可能になりました。そしてキーボードが「第2世代のバタフライ構造」のものに変更されており、打ち心地の改善も期待できますよ!

MacBook Airにまさかの動きが

さらに、長らくアップデートのなかったMacBook Airにも超マイナーなアップデートが訪れました。なんと、プロセッサの基本スペックが1.8Ghzからになったのです。まぁ、それ以外のスペックは何ら変わりないのですが…。もしかしたら、これが最後のアップデートになる…のかもしれません。

Image: Apple
Source: Apple, The Verge

(塚本直樹)