ここから本文です

稀代の悪玉MFバートン UCL決勝を講評「俺が選ぶMVPは......」

6/6(火) 17:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

同じ中盤のあの選手を絶賛

3日にUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦が行われ、レアル・マドリードがユヴェントスに4-1で勝利した。

今季途中よりプレミアリーグのバーンリーでプレイし、現在は賭博に関する違反行為に及んだとして18ヶ月間のサッカー活動禁止を命じられているジョーイ・バートンが自身のTwitterを通じ、同試合の感想を述べた。

「ユヴェントスにとっては残酷な結果になったな。(あらゆる側面で)レアル・マドリードの方が彼らを上回っていた。俺としてはクリスティアーノ・ロナウドの2得点やダニエル・カルバハルの出来の良さが印象に残ったが、この試合のMVPは間違いなくルカ・モドリッチだ。あいつはあの試合で間違いなく昇華していたね」

64分には敵陣深くでボールを奪取した後に右サイドを切り裂き、クリスティアーノ・ロナウドのゴールをアシストしたモドリッチ。かつてはネイマール(現バルセロナ)に対しても歯に衣着せぬ物言いでプレイぶりを批判したこともあるバートンだが、巧みに試合の流れを読み、試合の趨勢を決定づけるアシストを記録してみせたモドリッチには脱帽したようだ。大一番でひときわ輝きを放った“レアル不動の司令塔”が、今後も同クラブにタイトルをもたらし続けるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/