ここから本文です

先発陣の不振、守護神“不在”…10連敗中の巨人、データで見る投手陣の問題点

6/6(火) 16:51配信

Full-Count

データでは投手陣にもはっきりとした原因? 先発投手陣は10連敗中の防御率5.94

 球団史上ワースト2位タイの10連敗を喫している巨人。いったい、どこが問題なのか。打撃陣だけでなく、投手陣にもはっきりとした原因がある。

【画像】オールスターゲーム2017 ポジション別ファン投票中間発表結果

 もう一度、巨人の得失点のイニングを追った数字を見てみよう。別表のとおりだ。

 巨人は1回に11失点、4回までに31失点。早々と大量リードを許している。打順が3、4巡目にまわる6回に最大の13失点をしているが、何といっても立ち上がりの失点が大きい。

 先発、救援別の投手成績を見れば、はっきりする。

先発 10試合0勝7敗
53回73被安打9被本塁打41失点35自責点 防御率5.94

救援 10試合0勝3敗1ホールド
36回41被安打5被本塁打20失点18自責点 防御率4.50

 救援投手もよい数字とは言えないが、先発の防御率は6点に近い。ローテーションが崩壊しているのだ。失点と自責点の間に6点の差がある。これは失策からみの失点が多いことを意味している。先発投手とバックスのコンビネーションもよくないのだ。

 先発は9被本塁打、救援も5被本塁打。試合の流れを変えることが多い被弾は先発、救援ともに多い。

 個別の投手成績を見ていこう。まずは先発陣。池田は先発と救援に分けた。名前の次の数字は防御率。

マイコラス  4.26(2試合1敗 12回2/3 1被本塁打 6自責点)
田口     5.25(2試合1敗 12回 2被本塁打 7自責点)
吉川光    3.86(1試合1敗 4回2/3 1被本塁打 2自責点)
宮國     8.44(2試合 2敗 10回2/3 2被本塁打 10自責点)
菅野    10.80(1試合1敗 5回 2被本塁打 6自責点)
大竹寛   12.00(1試合1敗 3回 1被本塁打 4自責点)
池田     0.00(1試合 5回 0被本塁打 0自責点)

 池田以外のすべての先発投手が被弾している。エースの菅野はローテーションの関係で、この間、1回しか投げなかった。その楽天戦が、菅野にしてはシーズンに1度あるかないかという乱調だったために、連敗を阻止できなかった。そういう意味では、今日、西武戦で先発が予想される菅野の出来が大きな焦点になろう。

1/2ページ

最終更新:6/6(火) 16:51
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 7:55