ここから本文です

英テロ実行犯2人の写真公開

6/6(火) 9:01配信

ホウドウキョク

イギリス・ロンドンで起きたテロ事件で、警察は5日、射殺された実行犯3人のうち2人を、27歳と30歳の男と特定し、写真を公開して情報提供を呼びかけている。
警察が公開したのは、パキスタン生まれのイギリス人、クラム・バット容疑者(27)と、モロッコとリビアの国籍を持つとされる、ラシド・レドアン容疑者(30)の2人。
警察は、バット容疑者については、情報当局が、名前を把握していたものの、今回のテロ計画はつかんでいなかったとしている。
また、現地メディアは、バット容疑者が、イスラム過激主義者らとの交流を深めて、過激な思想を身につけ、事件を主導したとみられるなどと報じている。
一方、ロンドンの市庁舎前では、テロ事件の犠牲者の追悼式典が行われた。
ロンドン市民は「ロンドンは、わたしの街。毎日、ロンドン橋を通る。敬意を表するのが、わたしにとって重要なこと」と話した。
市民ら数百人が参加した式典では、カーン ロンドン市長が「私たちの団結と愛は、過激派の憎悪よりも強い」と述べ、テロに屈しない姿勢を示すよう呼びかけた。
会場には、半旗が掲げられ、犠牲者を弔う多くの花が手向けられた。