ここから本文です

ロンドン、テロ犠牲者の追悼式典

6/6(火) 16:01配信

ホウドウキョク

6月3日夜に、ロンドンで起きたテロ事件で、警察は、射殺された3人のうち2人を特定し、写真を公開して情報提供を呼びかけている。
警察が公開したのは、パキスタン生まれのイギリス人、クラム・バット容疑者(27)と、モロッコとリビアの国籍を持つとされる、ラシド・レドアン容疑者(30)の2人。
警察は、バット容疑者について、「情報当局が名前を把握していたものの、今回のテロ計画はつかんでいなかった」としている。
また、現地メディアは、「バット容疑者がイスラム過激主義者らとの交流を深めて、過激な思想を身につけ、事件を主導したとみられる」と報じている。
現地警察は5日、事件に関与した疑いでこれまでに拘束していた12人を、関与が認められないとして、全員釈放しているが、引き続き、容疑者の背後関係の捜査を続けている。
一方、ロンドンの市庁舎前では、5日、事件の犠牲者の追悼式典が行われた。
参加者は「毎日ロンドンで働き、橋を渡っているわたしにとって、この街に敬意を示すのは重要なことでした」と話した。
市民など数百人が参加した式典では、カーン・ロンドン市長が「わたしたちの団結と愛は、過激派の憎悪よりも強い」と述べ、テロに屈しない姿勢を示すよう呼びかけた。

最終更新:6/6(火) 16:01
ホウドウキョク