ここから本文です

委員長解任決議案「粛々と否決」

6/6(火) 17:37配信

ホウドウキョク

法務委員長の解任決議は「粛々と否決する」と述べた。
自民党の二階幹事長は、「解任決議の理由、どこが解任決議なのかというのが、誰でもが、国民の皆さんも疑問に思うはず」、「できるだけスムーズに国会運営がなされていくように、会期末もあるから、そうあってほしい」などと述べた。
自民党の二階幹事長は6日、「テロ等準備罪」を新設する法案の参議院での審議をめぐり、民進党が法務委員長の解任決議を提出したことについて、「与党で粛々と否決する」と強調した。
そのうえで二階氏は、「解任決議の理由が、どこが解任決議なのかというのが、国民も誰もが疑問に思うはず」と述べ、民進党の対応に疑問を呈した。
また、二階氏は重要法案の確実な成立に向けて、今国会の会期延長について「今のところは、この会期内に全力を尽くす考えだ」と述べた。

最終更新:6/6(火) 17:37
ホウドウキョク

Yahoo!ニュースからのお知らせ