ここから本文です

三遠が鹿野洵生と契約締結、在籍2シーズン目へ「コートでは馬車馬のように走る」

6/6(火) 14:30配信

バスケットボールキング

 三遠ネオフェニックスは6月6日、2017-18シーズンにおける鹿野洵生との選手契約締結を発表した。

 現在29歳の鹿野は筑波大学卒業後の2010年に日立サンロッカーズ(現サンロッカーズ渋谷)へ入団し、その後はつくばロボッツ(現茨城ロボッツ)、信州ブレイブウォリアーズの2クラブでプレー。今季から所属する三遠では、レギュラーシーズン全60試合出場し、計274得点(1試合平均4.6得点)をマークした。

 残留が決まった鹿野は、クラブの公式HPで「コートでは馬車馬のように走り、オフコートではもっともっと輝けるように励んでいきます」と意気込みを述べ、「バスケットを通じて、三遠地域を一緒に盛り上げましょう!」とコメントした。

 なお、三遠は6日時点でオルー・アシャオル、大石慎之介、川満寿史、並里祐、ジョシュ・チルドレスの計5選手をBリーグ自由交渉選手リストに掲出し、岡田慎吾、鈴木達也、田渡修人の計3選手との契約合意を発表している。

BASKETBALL KING