ここから本文です

阪神、2度のビッグイニングで3連勝! オリは金子が9失点、連勝は7止まり

6/6(火) 21:36配信

ベースボールキング

● オリックス 4 - 11 阪神 ○
<1回戦 京セラD大阪>

 阪神打線がオリックス先発・金子を攻略。一方のオリックスはエースが崩れ、交流戦初黒星で連勝が「7」で止まった。

阪神は2点を追う3回、二死二塁から2番上本が右翼への適時二塁打を放ち1点差。さらに3番高山も中前適時打を放ち、2-2の同点に追いついた。さらに4番福留が四球を選び一、二塁とすると、5番原口が適時二塁打を放ち勝ち越し。そして6番鳥谷が2号3ランを右翼席へ運び、一挙6得点のビッグイニングとした。

 阪神は6-2で迎えた6回にも、二死二塁から1番糸井が中前適時打を放ち7点目。さらに上本が四球をもぎ取り金子をKOすると、代わった大山、ヘルメンにも襲いかかり、この回も二死からの粘りで大量5点を追加した。

 先発の秋山は初回に2点を先制されたが、2回以降は粘り8回2失点。12安打を浴びながらも相手の拙攻にも助けられ、1年目の4勝(3敗)を上回る、キャリアハイのシーズン5勝目(3敗)を手にした。

 対するオリックスは、金子が5回途中9失点と崩れ3敗目(6勝)。打線は初回に2点を先制したが、2回以降は3併殺を喫するなど拙攻の連続。11安打の阪神を上回る15安打を放ちながら、結局4点しか奪えなかった。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ