ここから本文です

またサウサンプトン→リバプール?麻也同僚のファン・ダイク、DF最高額で移籍か

6/6(火) 12:39配信

ゲキサカ

 サウサンプトンに所属するDFフィルヒル・ファン・ダイク(25)のリバプール行きが迫っている。英『デイリー・メール』によると、移籍金はディフェンダーとしては世界最高額の6000万ポンド(約85億円)に近い金額となるようだ。

 セルティックから15年9月に5年契約で加入したファン・ダイク。長身でフィジカルが強く、足もとの技術も高い巨漢センターバックは、1月22日のレスター・シティ戦で足首を負傷し、それ以降チームを離脱していたが、在籍2シーズンで公式戦68試合に出場している。

 プレミアリーグ屈指のDFとして名高いファン・ダイクには、マンチェスター・シティやチェルシー、アーセナルといったビッグクラブが興味を示していた。

 しかし同紙によると、リバプールがこの獲得レースをリードしているとのこと。特にファン・ダイクはユルゲン・クロップ監督と仕事をすることを熱望しているようだ。

 なお、これまでリバプールはサウサンプトンから、DFデヤン・ロブレンやDFナサニエル・クライン、MFアダム・ララナ、MFサディオ・マネといった主力を次々と獲得。ファン・ダイク加入となれば3年連続5人目となる。

最終更新:6/6(火) 12:42
ゲキサカ