ここから本文です

“炎モデル”着用のシリア戦へ、原口「代表ユニを着ている限り常に100%を」

6/6(火) 21:08配信

ゲキサカ

 仮想イラクとなる7日のシリア戦(味スタ)に向け、日本代表FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)がチェックしたいポイントについて言及し、「攻撃のコンビネーションをもっと高めていきたい」とテーマを掲げた。

 思い描いているのは「縦に速い攻撃」の一連の動きの中で、守りから攻撃に移るときの切り替えの質を高めることだ。

「速い攻撃のときに、ドリブルで抜けるのもいいけど、長いボールを入れてもらったりするのもいいと思う。切り替えのときのクオリティーを高めないといけない」

 試合中にピッチ内で意思統一を図ることの重要性も口にした。特に、試合運びの面ではスコアや時間帯に応じた選択をしながら、ピッチ内で共通意識を持つことが重要だと話した。

「それぞれが思っていることを試合中に話し合って、うまくいかない時間をなるべく早く切り上げられるようにしないといけない」

 シリア戦では、97年に日本代表が初めてW杯出場を決めたときに着用していた“炎モデル”を現代に復刻させた限定ユニフォームを着ることが決まっている。当時、埼玉県に住んでいた原口は6歳。愛犬とたわむれながらサッカーボールを追いかけていた時期だ。のちに自身が加入することになる浦和の岡野雅行が延長ゴールデンゴールを決めた“ジョホールバルの歓喜”は「テレビで見ていて、覚えている」という。

「シリア戦では、サポーターに安心してイラク戦を見てもらえるような試合をしないといけない。日本代表のユニフォームを着ている限り、常に自分の100%を出したい」。26歳のストライカーはすべてのサッカーファンから託される思いをしっかり受け止めた。

最終更新:6/6(火) 21:08
ゲキサカ