ここから本文です

スバルWRX STIタイプRA ニュル仕様を予告

6/7(水) 7:00配信

carview!

スバルは「WRX STI」をベースに、ニュルブルクリンク・サーキット北コースに狙いを定めたチューンアップ仕様「WRX STI タイプRA NBRスペシャル」を披露した。

【動画付きで見る】

タイプRA NBRスペシャルは、ニュルブルクリンクのタイムアタック仕様。1周20kmを超えるニュルブルクリンク・サーキットはさまざまなコーナーや勾配があり、攻略にはクルマの総合性能が求められる。そうしたことからニュルは走り系モデルの聖地とされ、ここでのラップタイムがスポーツカーの性能のひとつの指標となっている。

また、タイプRAは、WRXシリーズをベースとしたコンプリートカーとして限定販売されてきたという点でも注目に値する。その中の一部は特別装備を与えられ「NBRパッケージ」として販売。台数限定で特別なチューニングが与えられることから価格は高価だが、それでも販売とほぼ同時に完売してしまう人気の限定車となっている。

さて、映像はその最新仕様を予告するもの。限定車として販売されるモデルではなく、タイムアタック仕様そのものだ。

エクステリアは、かなり本格的なエアロパーツを持ち、NBRスペシャルの特徴のひとつであるドライカーボン製の大型リアウイングを備える。またリアディフューザーの大きさがハンパなく、空力に気を配っていることがうかがえる。

内装に至っては軽量化を徹底的に突き詰めた結果、レース用のステアリングホイールとシート、それにロールケージが付いているぐらいで、そのほかは真っ裸に近い状態だ。

あいにく5月19日に設定されていたタイムアタックは、悪天候のため持ち越しになってしまったようだが、ウェットコンディションのなかテスト走行に切り替えて実施。コース上の雨を巻き上げて走行する様子がカメラに収められている。

今後のニュルでのタイムアタック再チャレンジに期待するとともに、新型WRX STI タイプRA NBRスペシャルの登場を楽しみに待ちたい。

株式会社カービュー

最終更新:6/7(水) 7:00
carview!