ここから本文です

中国は米国債を買い増す用意、人民元安定で-関係者

6/6(火) 22:04配信

Bloomberg

中国は適切な状況の下で米国債の保有を増やす用意があると、事情に詳しい関係者が明らかにした。当局者は米国債が他の国債に比べて妙味が高まっているとみているほか、人民元が安定したことが背景にあるという。

適切な状況がどういうものか具体的には述べなかった。中国は今年2、3月に米国債を買い越したが、その前の8カ月のうち7カ月は売り越しだった。公に発言する権限がないとして関係者らが匿名で語ったところによると、買い増しのトレンドは続いている。人民元は今年に入りドルに対して2%余り上昇。2016年は6.5%安と20年余りで最大の下落だった。

16年は人民元を買い支えるために米国債の保有を2000年以降で最も大幅に減らしていたが、今年はこれを転換している。DBS香港の米国債と市場担当のマネジングディレクター、トミー・オン氏は「人民元上昇は中国政府に外貨準備を積み上げる機会を与える」とし、「米国債買いは信頼感を高める。当局は人民元下落や切り下げへの懸念は行き過ぎていると示したがっている」と述べた。

原題:China Said Ready to Buy More Treasuries as Yuan Stabilizes (1)(抜粋)

Steven Yang

最終更新:6/6(火) 22:04
Bloomberg