ここから本文です

静岡県知事選8日告示 現職、新人一騎打ちへ

6/7(水) 7:54配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 任期満了に伴う静岡県知事選は8日、告示される。3選を目指す無所属の現職川勝平太氏(68)=連合静岡推薦=と、五輪柔道女子銀メダリストの無所属新人溝口紀子氏(45)が立候補を予定し、現職と新人の一騎打ちとなる見通し。投開票は25日。2期8年の川勝県政の評価を中心に論戦が繰り広げられそうだ。

 川勝氏は防災対策や内陸フロンティアなど県政運営の実績を前面に、続投への支持を訴える。民進党県連、県議会第2会派ふじのくに県民クラブの支援、連合静岡の推薦を受け、組織戦を展開する。県西部を中心に経済界の応援も得る。

 陣営は県内を3ブロックに分け、県議の責任者をそれぞれ配置。ポスター張りや遊説日程の計画を綿密に練っている。120団体にも推薦依頼を出し組織を引き締める。

 溝口氏は「県政刷新」をスローガンに掲げ、特定の党派や団体に偏らずに全方位に後押しを求める。浜松市沿岸部への県営野球場建設に反対する市民グループが出馬表明当初から支援する。

 静岡、浜松など自民党の有力支部から推薦を受け、静岡市事務所には市議が交代で詰め、企業回りの先導やパンフレット配布などを展開する。後援会長は遠藤亮平元県教育長が務め、教育界の支持拡大を見込む。

静岡新聞社