ここから本文です

熊本地震の復興支援へ 神栖で7日、ラーメン店がチャリティー

6/7(水) 0:00配信

茨城新聞クロスアイ

熊本地震の復興支援につなげようと、神栖市平泉のラーメン店「東京食堂」で7日、開店10周年記念に合わせ「熊本地震チャリティーラーメン」を実施する。売上金全額を熊本地震の義援金として被災地に届ける。

チャリティーラーメンはこれまでに、東日本大震災や常総市の水害の際、実施してきた。

震災では、同店周辺は液状化の被害を受けた。店主の大原義和さん(42)は「震災の際はたくさんの人に助けていただいた。少しでも力になれたらいい」と意気込む。

特製ラーメンは1杯200円以上の任意価格で販売。ラーメンについて、大原さんは「スープはさばの煮干しでだしをとったもので、甘みと風味が特徴」と話す。めんはつくば市産の小麦「ユメシホウ」などを調合した国産小麦100%の手打ちめん。

大原さんは「たくさんの人に来ていただいて、皆さんの思いを熊本に届けたい」と力を込める。

当日は午前10時~午後3時。限定200食。同店(電)0299(92)1941。

茨城新聞社