ここから本文です

夏アニメ「恋と嘘」OP曲をフレデリック、ED曲をRoysが担当

6/7(水) 0:00配信

音楽ナタリー

7月3日(月)深夜よりTOKYO MXほかで放送されるアニメ「恋と嘘」のオープニングテーマをフレデリック、エンディングテーマをRoysが担当する。

【写真】フレデリック(他2枚)

「恋と嘘」はマンガボックスで連載中のムサヲの同名マンガを原作とするアニメ作品。政府の指名によって結婚相手が通知される「ゆかり法」に翻弄される高校生たちの恋愛が描かれる。フレデリックは本作のために新曲「かなしいうれしい」を書き下ろした。すでにライブで披露されている同曲について、三原康司(B)は「自分も想像していなかったほど今までにない儚さを持ったフレデリックらしい1曲が出来上がりました」とコメント。また原作者のムサヲは「改めて音楽の力ってすごい!と感じました。こんな素敵なバンドに作者以上に作品を読み込んで真摯に曲を作って貰える幸運をとても嬉しく思います」と喜びを明かしている。

エンディングを担当するRoysはSayuri、Arin、Risaの3人からなるコーラスグループ。彼女たちはエンディングテーマ「Can’t you say」を歌唱する。

なおフレデリックは「かなしいうれしい」を8月に、Roysは「Can’t you say」を9月にそれぞれシングルリリースする予定となっている。

三原康司(B / フレデリック)コメント
この度、オープニングテーマをフレデリックに担当させてもらえた事を嬉しく思います。 お話をいただく前から原作とは出会っていて、作品の中にある「嘘」への純粋な想い、繊細な絵のタッチにとても惹かれました。シーンを重ねるごとに大きくなる想いの様にかなしいとうれしいの感情を大事に縒り合わせました。自分も想像していなかったほど今までにない儚さを持ったフレデリックらしい1曲が出来上がりました。アニメのストーリーと共に音楽が寄り添って聴こえるよう、少しでも「恋と嘘」の力になれたらと思います。

ムサヲ コメント
頂いたデモを聴きながら、涙を流す表情のキャラを描いていた時、ふと「この人達は誰かを好きだからこんなに悲しくて、誰かを好きだからこそこんなに嬉しいんだな」と自分でも気づいていなかった角度から作品に触れる事が出来、改めて音楽の力ってすごい!と感じました。こんな素敵なバンドに作者以上に作品を読み込んで真摯に曲を作って貰える幸運をとても嬉しく思います。本当に大好きな曲なのでどちらのファンの方にも聴いて頂けるのが楽しみです!

最終更新:6/7(水) 0:00
音楽ナタリー