ここから本文です

古くて新しい広告キャラクターで受講者3割増! 「日ペンの美子ちゃん」復活の舞台裏

6/7(水) 8:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

1972年に誕生した広告キャラクター 「日ペンの美子ちゃん」が、10年のブランクを経て復活。すると、通信教育講座の受講者があれよあれよと3割も増えました。

一度でも認知を得たキャラクターは企業の財産。とはいえ、昭和のキャラクターが現代に舞い戻ってきただけで話題になったのか? キャラクターはどう育てる? 運営はどうする? 担当者に話を聞きました。

 

日ペンの美子ちゃんとは?

「日ペンの美子ちゃん」(にっぺんのみこちゃん)は、株式会社学文社が運営する「ボールペン習字講座」の広告漫画。「りぼん」や「なかよし」といった少女漫画雑誌の裏表紙(表4)に掲載されていました。

初代美子ちゃんが登場したのは今から45年前の1972年 (昭和47年)。以降、描き手の漫画家が代替わりしつつ1999年まで雑誌に掲載されました。

株式会社学文社の浅川貴文さんによると、美子ちゃんの歴史はボールペンの歴史と切り離せないとのこと。








日本製のボールペンが誕生したのは50年代。60年代にテレビCMが流行すると広く一般家庭に普及し、ちょっとしたボールペンブームが起こります。

それまで万年筆で書かれていた履歴書や申請書などもボールペンで書かれるようになり、「美しい文字が書けることは就職や実生活に有利」ということで、若い女性を中心にボールペン習字を学ぶ人が増えていきます。学文社のボールペン習字講座と美子ちゃんが誕生したのもこの時代。

しかし80年代に入るとワープロが普及。90年代にはパソコンが登場し、美しい文字に対する人々の優先度は次第に低下。99年を最後に美子ちゃんは雑誌広告から姿を消します。2006年~2007年にWebの企画で少しだけ復活したものの、以降10年間、美子ちゃんが表舞台に出ることはありませんでした。

 

「新しい美子ちゃんを作ってほしい」

そんな美子ちゃんが今年1月に突然復活したのです!

“>>>
ここ数年の“美文字”ブームで受講者が上昇し、社内でこのタイミングで何か仕掛けてボールペン習字を広めていけないだろうかと検討する中で、「美子ちゃんを使わない手はないのでは?」という案が出たんです。(浅川さん)
<<<”

当時、社内には美子ちゃん担当が存在しませんでした。2003年に入社した浅川さんは、リアルタイムでは美子ちゃんを知らない世代。でも、社内では美子ちゃんに詳しい方でした。というのも、2004年に発売された単行本の準備に関わっていたのです。







「来年こういう本が出るから、美子ちゃんの原稿を整頓しておいて」と言われた浅川さんは、棚に無造作に積まれていた原画の山を整理し、きれいにファイリングしました。そのおかげで美子ちゃんに詳しくなっていたのです。

“>>>
社長から言われたのは既存の考え方を捨てること。「今までやってきた美子ちゃんがただ戻ってくるだけじゃなく、新しい美子ちゃんを作って欲しい」って言われたんです。(浅川さん)
<<<”

1/4ページ