ここから本文です

サンゴむしばむ温暖化 豪グレートバリアリーフ、「白化」進む

6/7(水) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 世界最大のサンゴ礁で有名なオーストラリアの世界自然遺産グレートバリアリーフで、サンゴの死につながる「白化現象」が昨年から2年連続で起き、日本の国土の3分の2近い規模に広がっている。地球温暖化による海水温上昇が主因とみられる。米国が温暖化対策の「パリ協定」離脱を決め、いっそう危機感が広がる。

 ■2年連続で発生
 豪北東部ケアンズから北東に約30キロ、小型の遊漁船に1時間半ほど揺られると、波が穏やかになった。海に入り、海中をのぞくと、魚たちが泳ぐ海底に白く変色したサンゴが点在していた。
 「予想通り、ここでも白化が確認できました」。……本文:3,182文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社