ここから本文です

【パイクスピーク2017】パワーは1050馬力、テスラのライバルがEVで参戦…FF91

6/7(水) 10:56配信

レスポンス

米国のファラデー・フューチャー社は6月5日、米国コロラド州で開催される「第95回パイクスピーク国際ヒルクライム」に、『FF91』が参戦すると発表した。

同社は、米国カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠を置く新興企業。オリジナルEVのFF91を発表し、EV市場に参入した。テスラのライバル企業になり得る存在と称されている。

FF 91スーパーカーのパフォーマンスを備えたEVとして開発。モーターは、最大出力1050hpと非常に強力。このおかげで、0‐96km/h加速は2.39秒と優れた加速性能を実現する。二次電池は、蓄電容量130kWhと大容量。1回の充電で走行できる距離は、およそ700kmの性能を備えている。

ファラデー・フューチャー社は今回、FF91の開発テストの一環として、パイクスピーク国際ヒルクライムへの参戦を決定。パイクスピーク国際ヒルクライムは、米国コロラドスプリングスで、1916年から開催されており、世界で最も有名なヒルクライムレース。競技は全長20kmのコースを一気に駆け上がり、タイムを競う。標高はスタート地点が2800mで、ゴール地点が4300m。標高差1500m、コーナー数156、ゴール付近では標高の高さに起因する酸素不足により、パワーが約30%ダウンするという過酷なモータースポーツ。

ファラデー・フューチャー社の研究開発担当、Nick Sampson上級副社長は、「パイクスピーク国際ヒルクライムは、電動パワートレインを開発し、FF91の熱システムをテストする理想的な環境。現実の状況でFF91の性能をテストすることで、2018年に車両を市販する際のハードルを、さらに高く設定できる」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6/7(水) 10:56
レスポンス