ここから本文です

ネットワーク事業者のNFV環境向けセキュリティ技術、IoTにも有効(トレンドマイクロ)

6/7(水) 9:15配信

ScanNetSecurity

トレンドマイクロ株式会社は6月6日、ネットワーク機能の仮想化を実現するNFV(Network Functions Virtualization)向けネットワークセキュリティ技術を発表した。同技術は、NFV環境で動作するセキュリティVNF(Virtual Network Function)として、ネットワーク事業者向けに提供する。同技術の採用により、ネットワーク事業者は侵入防御、Web脅威対策、アプリケーション制御のセキュリティ機能を提供できるようになる。

セキュリティVNFでは、細分化した複数のセキュリティ機能を、仮想マシンベースのセキュリティソフトウェアとしてネットワーク事業者が提供するNFV環境に実装する。各セキュリティ機能は、ユーザの通信サービスの利用状況(利用アプリケーション、利用デバイス、通信量など)や脅威状況に応じて、必要なセキュリティ機能を適切なタイミングで利用することが可能になる。特にIoTデバイスの監視や異常検知にも有効としている。

(吉澤 亨史)

最終更新:6/7(水) 9:15
ScanNetSecurity