ここから本文です

川重、PW1500Gの燃焼器初出荷 ボンバルディアCシリーズ向け、量産本格化

6/7(水) 13:01配信

Aviation Wire

 川崎重工業(7012)は6月7日、ボンバルディアの小型旅客機「Cシリーズ」に搭載するエンジン「PurePower PW1500G」の量産用パーツを初出荷したと発表した。燃焼器を明石工場(兵庫)から出荷し、量産を本格化させる。

 川崎重工は、米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)が製造するGTF(ギヤード・ターボファン)エンジン「PurePower」シリーズのうち、Cシリーズ向けPW1500Gと、エンブラエルE2シリーズに搭載するPW1900Gの開発・生産プログラムに「リスク&レベニューシェアリングパートナー(RRSP)」方式で参画している。

 PurePowerシリーズは、既存のエンジンと比べて燃費を16%、騒音を50%、排気を大幅に改善。川崎重工はP&Wとともに、燃焼器とファンドライブギアシステムの開発・生産を担当する。

 RRSP方式とはエンジンや補用部品の販売や修理事業など、すべての事業収入を参画シェアに応じて配分を受ける方式。開発や量産、販売費用とリスクは参画シェアに応じて負担する。

Yusuke KOHASE

最終更新:6/7(水) 13:01
Aviation Wire