ここから本文です

実写「ジョジョ」クレイジー・ダイヤモンドがお目見え!新映像に具現化スタンド登場

6/7(水) 5:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 荒木飛呂彦氏の人気漫画を実写映画化した「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」の新予告編が、このほど完成した。主人公・東方仗助(山崎賢人)の“クレイジー・ダイヤモンド”をはじめ、今まで披露されてこなかった特殊能力“スタンド”が具現化した姿を収めている。

【動画】「ジョジョの奇妙な冒険」新予告編2

 シリーズ累計発行部数1億部を超える「ジョジョの奇妙な冒険」の第4部「ダイヤモンドは砕けない」を、鬼才・三池崇史監督のメガホンで実写化。高校生の東方仗助(山崎)が、杜王町の平穏を脅かす連続殺人鬼・アンジェロ(山田孝之)や、暗躍する虹村兄弟(岡田将生&新田真剣佑)らと対峙し、スタンドを駆使した死闘を繰り広げる。

 映像は、仗助の身体から半透明の腕が飛び出し、髪型をけなした不良を叩きのめす様子からスタート。さらにアンジェロの水と同化する“アクア・ネックレス”が人々に襲いかかり、その悪意は仗助の祖父・東方良平(國村隼)をも手にかける。時を止める空条承太郎(伊勢谷友介)や、虹村形兆による“バッド・カンパニー”の戦車も映し出され、最後は仗助の背後から、強烈なラッシュと治癒・修復能力を併せ持つクレイジー・ダイヤモンドが出現する。物語を魅力的に彩るスタンドがついにお目見えしたことで、本編の出来栄えにさらなる注目が集まりそうだ。

 また新ポスタービジュアルも完成し、仗助を中心に広瀬康一(神木隆之介)、山岸由花子(小松菜奈)らがズラリ勢ぞろい。「この『力(スタンド)』で、守るべきものがある。」というコピーは、仗助の強い決意と、待ち受ける壮絶かつ奇妙な戦いを予感させる。

 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」は、8月4日から全国公開。

最終更新:6/7(水) 5:00
映画.com