ここから本文です

活動再開したノンスタ井上に“初心に帰れ”の声

6/7(水) 11:00配信

東スポWeb

 お笑いコンビ「NON STYLE」(石田明=37、井上裕介=37)、「笑い飯」(西田幸治=43、哲夫=42)、モデルの立花恵理(23)が5日、都内で行われた「ファミリーマート 新戦略記者会見」に登場した。

 会見には、ファミリーマートの看板商品「ファミチキ」を模したマスコットキャラクター「ファミチキ先輩」も登場。そのファミチキ先輩が活躍するCMを見て、笑い飯・哲夫は「僕たちも首から下が人間で、顔が鳥という『鳥人』というネタがあるんですけどファミチキ先輩はさらに揚げて、袋をかぶってる。二手先をいかれている」と脱帽した。

 囲み取材では当て逃げ事故での謹慎から活動再開し、最近では元SKEの佐藤聖羅(25)との交際過去も発覚した井上に質問が集中。佐藤については「もう別れて2年ぐらいになります。戻る可能性もないですし、妹みたいな存在」と井上。また、同じく謹慎し、1日付で謹慎解除を明らかにしたお笑い芸人・狩野英孝(35)には「お互いに笑いの方で恩返しできたら」と話した。

 相方の石田も「こんな会見で大丈夫ですか?」と半分本気で心配するようなツッコミで笑いを誘ったが、あるお笑いプロ関係者は「井上は初心に戻る意味でも、自分たちの“スタート”である神戸・三宮駅前でのストリート漫才をやるべき」と話す。

「ノンスタはストリート漫才で名を上げた。最近の吉本では珍しいお笑い養成所出身でないコンビ。あの時のがむしゃらな気持ちを思い出したほうがいいのでは」(前出関係者)

 別のお笑い関係者も「井上が若いころに尊敬していた漫才師は“破天荒”の代名詞であるあの故横山やすし師匠。でも、最近はプライベートがやすし師匠寄りになってるので、気持ちを改めて、舞台の方でやすし師匠寄りになってほしい」と心配の声を上げる。井上にこの思いは届くか。

最終更新:6/7(水) 11:14
東スポWeb