ここから本文です

向井理&斎藤工、「アキラとあきら」クランクアップ!「まだ続いていくような感覚」

6/7(水) 12:13配信

cinemacafe.net

ベストセラー作家・池井戸潤の最新作を最速ドラマ化する連続ドラマW「アキラとあきら」。7月より放送される本作が、約3か月の撮影を終えクランクアップ。連続ドラマW初登場でW主演となる向井理と斎藤工からコメントも到着した。

【画像】WOWOW 連続ドラマW「アキラとあきら」ポスター

昭和61年4月、メガバンクの産業中央銀行の新人研修が行なわれていた。その最終行程は成績優秀だった2チームが行なう実践形式の融資戦略研修。それぞれのチームの代表は東京大学出身同士の階堂彬(向井理)と山崎瑛(斎藤工)。彬のチームは融資を申し込む会社側、瑛のチームはそれを吟味する銀行側になり、後代にも語り継がれる名勝負を繰り広げた。

日本有数の大企業「東海郵船」の御曹司として生まれ王道を歩んできたエリート、階堂彬。父の会社の倒産、夜逃げなど苦難の道を歩んできた天才、山崎瑛。2人はそれぞれの力で人生を切り開き、同じ産業中央銀行に入行した。実は2人の人生はこれまでにも交差していた。しかし、2人はまだその事実に気付いていない。良き友人、良きライバルとして互いに刺激し合いながら、苦難を乗り越えていく2人。そして“宿命”としか言いようのない、過酷な試練が2人に降り掛かる――。

作家・池井戸氏の“幻の長編”と呼ばれていた「アキラとあきら」が徳間書店よりオリジナル文庫として刊行されるのに合わせ、WOWOWで最速ドラマ化する本作。幼少期から青年期にかけて、誰もが経験する人生の選択。反抗、親友との別れ、肉親の死、初恋、受験、就職、成功、挫折…人生のキーワードを盛り込みながら、バブル経済とその崩壊、激動の時代を背景に、「アキラとあきら」の“宿命”のドラマを描く。キャストには彬役の向井さん、瑛役の斎藤さんのほか、小泉孝太郎、田中麗奈、賀来賢人、木下ほうか、堀部圭亮、松重豊、瀧本美織らも出演している。

まだ肌寒い2月の後半に撮影をスタートさせた本作は、すでに春を越えて長期の撮影を経て今回クランクアップ。同年代でプライベートでも親交がある向井さんと斎藤さんは、今回で4度目の共演になるがW主演という大役で尚且つしっかりと対峙した2人芝居は本作が初。撮影現場で毎日のように顔を合わせていた2人だが、「その距離感は作品が終わってもその前も変わらないような関係性」とお互いを尊敬し、信頼し合っているようだ。

撮影では、斎藤さんが一足先にクランクアップを迎えた午後、先に出番を終えた向井さんはサプライズで登場し、斎藤さんを始めスタッフを労った。また、オールアップとなった最終日には、斎藤さんもスケジュールを空けてサプライズで登場し、お返しとばかりに現場を和ませていた。

撮影前に向井さんは、「いままで味わったことのない躍動感のある台詞の入り方で特に後半から一気に読んで、台詞がどんどん入っていくのと同時に階堂という人間もだんだん理解していくようになりました」と話し、撮影に入ってからは、「撮影時間が長くなれば長くなるほど充実感が増したので、いまは『撮影を終えた』という実感よりも、まだ続いていくような感覚があります」とコメント。一方斎藤さんは、「大河ドラマではないですが、幼少期から青年期までをバトンを繋いでいくような大きなエネルギーが集まっている作品に参加したんだなと実感しました。題材からも会議室での撮影シーンは多かったと思いますが、今日は外のロケで気持ちもよくて、非常に後味の良いクランクアップになったなと思います」と全撮影を終えた感想を語っている。

また今回は、本作の放送に先駆けて放送している「連続ドラマW アキラとあきら」ミニガイド番組「キャスト編」と「ストーリー編」の映像を公開。「キャスト編」ではW主演を演じる2人がお互いのことや共演者について語り、それぞれの役柄などについてもコメント。「ストーリー編」では“池井戸潤・原作連続ドラマW作品”としてWOWOWメンバーズオンデマンド配信中の「連続ドラマW 空飛ぶタイヤ」「連続ドラマW 下町ロケット」「連続ドラマW 株価暴落」の3作品と併せ、本作の見どころなどもたっぷりと紹介。本作をより深く楽しむための充実した内容が詰まっている。

連続ドラマW「アキラとあきら」は7月9日(日)22時よりWOWOWプライムにて放送(全9話、※第1話無料放送)。

最終更新:6/7(水) 12:13
cinemacafe.net