ここから本文です

こつこつ70年手芸作り 伊東の金沢さん「細かい作業楽しい」

6/7(水) 11:08配信

伊豆新聞

 ■伊豆高原絵本の家に一部展示

 伊東市八幡野の金沢ヒロ子さん(88)は、約70年間にわたって趣味で手芸を続けている。自宅には、こつこつと時間をかけて丁寧に仕上げた作品が並ぶ。作品の一部は、八幡野の伊豆高原絵本の家に展示している。

 八幡野の自宅は約40年前から別荘として使用していたが、半年前に東京都文京区から転居した。手芸は学生時代に習い、作品作りに励んできた。

 これまでにフランス刺しゅうや刺し子、オブジェ、人形などさまざまな作品を仕上げた。作業は毎日続け、2時間程度でできる簡単なものもあるが、桜を題材にしたフランス刺しゅうなどは2カ月近くかけて仕上げたという。

 金沢さんは「細かい作業だが、凝り性なので楽しい。プレゼントした人が喜んでくれたときが一番うれしい」と笑う。今は“福を呼ぶ”の意味を込めたフクロウの人形作りにはまっており「今後もさまざまな作品を作っていきたい」と話した。

 展示についての問い合わせは絵本の家〈電0557(55)3364〉へ。

 【写説】趣味で手芸を楽しんでいる金沢さん=八幡野

最終更新:6/7(水) 13:06
伊豆新聞