ここから本文です

買いが入る入らないで相場全体の方向決まりそう

6/7(水) 8:10配信

ZUU online

最近、朝の電車が非常に混んでいて座れないこともあります。朝の残業なども流行っているようで朝から動いている人も多いのでしょう。せっかく2万円を超えてきた日経平均もあっさりと割り込んでしまいました。特にこれといった要因のないなかで勢いで上がって勢いで下がったという感じで、まだまだ目先の需給に振らされて右往左往することになるのでしょう。

「最近」という表現が良いのかどうかは別にして、動き出すと大きく動き、動かないときは動かないということが多くなっています。それだけ市場参加者の層に広がりがないということなのでしょうから、目先の値動きばかりを気にするというよりは大きな流れで相場を見ていく方がいいと思います。

経済指標などに反応しているということではないのですが、米国株が軟調、為替も引き続き円高気味ということで本日の日本市場も冴えない始まりとなりそうです。日銀や年金の買いが期待されることで下げ渋りとなるのでしょうが、先物の限月交代ということで先物主導の売り買いも入りにくく、上値も重くなりそうです。目先の需給に振らされる形で一昨日のように買いが入るのか、昨日のように入らないのかで相場全体の方向が決まりそうです。

2万円を割り込んだところでしっかりと買いが入るかどうかということになりそうです。「2万円割れは買い」となるのか「2万円超えは売り」となるのかのニュアンスの違いで右往左往することになりそうです。いったん19,500円~600円水準までの調整となることもありそうです。

■本日の投資戦略

あっさりと2万円を割り込んでしまいました。上がる時も下がる時も20,000円という数字が意識されなかったということでもないのでしょうが、動き出すと大きく動くということで一気に割り込みました。こうなると今度は「2万円を超えたら売り」という意識が働くという可能性もありそうです。移動平均線からのかい離などを見てもまだ目先的な過熱感もあり、先物・オプションのSQ(特別清算指数)算出まで右往左往することになりそうです。

為替が円高気味ということで買えないという状況ですが、日本での金融緩和が継続され、米国での利上げが続くということであれば、為替もいずれ円安に振れるということなのでしょうから、円高だからと慌てることもないと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・アルゴナビス)、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。メールマガジンも配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

最終更新:6/7(水) 8:10
ZUU online

Yahoo!ニュースからのお知らせ