ここから本文です

新シーンを大量投下!「トランスフォーマー」最新作、日本版予告編公開

6/7(水) 8:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] マイケル・ベイ監督による大ヒットシリーズの最新作「トランスフォーマー 最後の騎士王」の最新予告編が、日本で世界最速公開された。当初は日本限定版として製作されていた内容をベイ監督が気に入り、公認のインターナショナル版として使用されるという。

「トランスフォーマー 最後の騎士王」日本版予告編はこちら!

 シリーズ累計の全世界興行収入3800億円超を誇る人気SFアクションの第5弾。人類とトランスフォーマーの戦いが激化するなか、新たに正義の集団オートボットのリーダーとなったバンブルビーの前に、トランスフォーマーの創造主によって洗脳されたダーク・オプティマスが立ちはだかる。発明家のケイド・イェーガー役でマーク・ウォールバーグが続投するほか、謎の英国貴族バートン卿役でアンソニー・ホプキンスが参加する。

 予告編には、バートン卿の側近と思われるトランスフォーマー、コグマンが自分の何倍もあるトランスフォーマーをひねり上げてケイドを驚かせるシーンや、ダイナボットが三つ首に変形し、人類をおののかせるシーンといった新たな本編映像が盛り込まれ、人類とトランスフォーマーの壮絶な戦いが迫力のスケールで描かれている。人類とトランスフォーマーの1000年以上にわたる歴史を知るバートン卿が「この戦いには絶対に勝てない」と言い放つシーンも収められ、絶望的状況をケイドたちがどう打開していくのか、注目が集まる。悪に染まったダーク・オプティマスが「我々の星を救うため、すべての人間を滅ぼす」と剣を振りかざし、ケイドとバンブルビーを切りつけるショッキングなバトルシーンも描かれている。

 「トランスフォーマー 最後の騎士王」は、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロがシリーズ復帰するほか、ローラ・ハドックやイザベラ・モナーらが新たに加わる。8月4日から全国公開。

最終更新:6/7(水) 8:00
映画.com