ここから本文です

美少女アイドル・石井美音奈、格闘家デビューへ向けて小見川に弟子入り

6/8(木) 7:10配信

イーファイト

 女子格闘技プロジェクトGIRL’S BUDO ENTERTAINMENT『SEI☆ZA』の12月大会で格闘家デビューを目指す、人気美少女アイドルグループ「kiss bee」のメンバー・石井美音奈(いしい・みおな/高校3年生・17歳/身長156cm)の公開練習が神奈川・横浜市にある小見川道場で行われた。

【フォト】巴投げにチャレンジする石井美音奈

「kiss bee」は『SEI☆ZA』大会でMCやオープニングパフォーマンスを務める、女子中高生から人気のグループ。石井は同グループ内ではスポーツ担当をするなど運動神経が抜群に良く、中学時代は陸上部で1500m走の選手として鍛え、小学校時代は合気道も習っていたという。

 公開練習では、まず柔道の受身、技術練習、腹筋などの補強運動をした後、道着を脱ぎ打撃練習が始まった。この日が初めての打撃練習となる石井は基本のステップ、ワンツーパンチを習い、持ち前の運動神経の良さで早くもキレの良い動きを見せる。ミット打ちでは、初めてとは思えない程の鋭いパンチ、キックを放ち道場内に衝撃音を響かせていた。

 この打撃にはミットを持った小見川道場代表の総合格闘家・小見川道大も「ビックリした、運動神経が良いからパンチもキックも見よう見まねで出来ている」と驚きを隠せない。打撃の練習を終えた石井は「ミット打ちで良い音が鳴ると気持ち良いですが、攻撃してからすぐディフェンスに入るのが難しいので、これから練習してディフェンスを練習していきたい」とやる気十分のコメント。

 練習後の囲み取材では、『SEI☆ZA』デビューを決めたきっかけとして「番組で『SEI☆ZA』の選手たちと共演した際に、カワイイ子たちが戦っているのに刺激を受けて自分もやってみたくなった」と話し、「本当の夢はアクション女優なので『SEI☆ZA』での経験を役立てたい」と意気込む。

 今回の挑戦に対し両親は反対しなかったかの質問には「芸能界に入る時も言われましたが、『自分のやりたい事を頑張りな』と言ってくれました」と両親への感謝を含めて話し、「自分が戦うことによって見ている人に何かを感じて欲しい、自分も頑張ろうと感じて欲しい」と、今回の挑戦への想いを語った。

 そして、この日練習を見た小見川は「12月大会でデビュー出来る確率は今のところ20%。僕は格闘技デビューには反対です。だけどこの僕の意見を覆して欲しい。それは、アイドルの格闘技デビューに批判的な格闘技ファンも含めてです。それぐらい練習をして欲しい」とエールを送った。

最終更新:6/8(木) 7:10
イーファイト