ここから本文です

額賀辰徳が2イーグル奪い「63」 後続に3差の首位発進/チャレンジ初日

6/7(水) 18:21配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

国内男子下部チャレンジツアー今季第4戦「ISPSハンダグローバルチャレンジカップ」が7日、静岡県の裾野カンツリー倶楽部(7089yd/パー72)で開幕。大会初日、チャレンジツアー4勝を挙げている額賀辰徳が、2イーグル6バーディ、1ボギーの「63」でプレーして、9アンダーは後続に3打差をつけて単独首位でスタートした。

【画像】国内ラストマッチ?引退宣言の宮里藍が最終調整

パッティングが良かったという額賀。スタートの10番では約20mのイーグルパットを沈める会心のゴルフ。加えて「1Wショットもフェアウェイキープ出来た」と、フェアウェイからチャンスメークしスコアを伸ばした。

6アンダー2位に大谷俊介、松原大輔の2人、5アンダー4位に北川祐生、4アンダー5位に幡地隆寛が続いた。前年覇者の中里光之介は5オーバー113位と大きく出遅れた。

【初日成績】
1/-9/額賀辰徳
2T/-6/大谷俊介、松原大輔
4/-5/北川祐生
5/-4/幡地隆寛
6/-3/原田凌
7T/-2/矢澤直樹、岡島功史、飯島宏明、白佳和、福永安伸、大田和桂介、高橋竜彦、久保超路