ここから本文です

山口蛍、相手に「カウンター攻撃をさせない」…リスクマネジメントに注力

6/7(水) 13:13配信

GOAL

日本代表は7日に行われるキリンチャレンジカップでのシリア戦、13日のロシア・ワールドカップアジア最終予選のイラク戦に向けて調整をしている。国内組は中2日の日程でシリア戦を迎えるが、日本代表MF山口蛍(セレッソ大阪)は「問題ない」と話す。

5日に行われた練習では「4-3-3」が試された。試合前日ということもあり、山口は明言を避けたが、アンカーを務めた場合、リスクマネジメントが「メインになる」と話した。そして「後ろはセンターバックと(中盤の)底に1枚いれば十分だと思うので、(インサイドハーフの2人は)自由に前に行ってもらいたい」と続けた。

シリア戦はイラク戦に向けた準備としての意味合いが強いと思われる。それについては「(シリアは)イラクとも似てるという話なので、それも頭に入れながら、やらなくちゃいけない。自分たちがボールを持つ時間が長くなり、押し込む展開になるかもしれないが、カウンターは脅威になるので、そのカウンターをさせないことが一番大事」と答え、「自分たちが簡単にボール失わないこと」が重要だと続けた。

同じポジションの加藤恒平について聞かれると、「まだ一緒にやってないので、分からない」としつつも、「お互い刺激し合って、お互いが良い状態になれば」と答えた。

GOAL

最終更新:6/7(水) 13:13
GOAL