ここから本文です

千聖が証言「岡本真夜はロック」 20年を経て共演再び/スペシャル対談1

6/7(水) 16:15配信

エキサイトミュージック

 
■千聖/20th Anniversary Best Album『Can you Rock?!』スペシャル対談(1/2)

【この記事の関連画像をもっと見る】

今年ソロデビュー20周年を迎えるPENICILLINのギタリスト千聖が6月7日にリリースするベストアルバム『Can you Rock?!』。LEVIN(La'cryma Christi))、IKUO(BULL ZEICHEN 88、Rayflower)、 Ricky(DASEIN)、SARSHI(HERO)、O-JIRO(PENICILLIN、Crack6)ら“ロック”な参加ラインナップに混ざり名を連ね、異色の存在で目を引くのが「TOMORROW」「Alone」などの大ヒット曲を生んだ岡本真夜だ。20年前当時「falling over you」という楽曲にコーラスで参加した岡本真夜が、世紀を超えて今回も参加し、美声を聴かせてくれることになった。意外にもロックな精神を持っているという岡本真夜と千聖のスペシャル対談をお届けする。
(取材・文/長谷川幸信、撮影/コザイリサ、リード/編集部)

ポップス畑の人が、こういうスラム街のようなロックの人とコラボできる機会はあまりなかった(笑)

――20年前に「falling over you」のコーラスを歌ってほしい、とオファーがあった時の詳細を覚えていますか?

岡本:すでに曲があって聴かせてもらって、いい曲だねっていう流れからだったはずですね。

千聖:オファーする時、直接、真夜ちゃんとは会ってないんですよね。ソロでは何人かのディレクター陣が関わっていたんだけど、真夜ちゃん担当のディレクターさんにも色んな曲を手伝ってもらっていて、その方を通して。いい曲だと言ってくれたってのを聞いて、うわ、嬉しい!と大喜びしたのは覚えてますね。でもコーラスが加わった完成形が、僕の頭の中では見えてなくて、失礼にならなきゃいいなって気持ちはあって。しかも真夜ちゃんがコーラス録りしていた時、僕はスタジオにいなかったんですよ。他の仕事でいなくなっていて、スタジオに戻ってきたら、もうコーラスが入ってた。おお、スゲーって(笑)。

岡本:私はもともとコーラス好きなんですよ。自身の作品にもコーラスを重ねるタイプだったので。それまでコーラスのお仕事はそんなにしてなかったんですけど、依頼があった時はやっぱり嬉しかったですね。まずなによりも曲が良かったんです。曲を好きになれたのは、コーラスをするうえでも楽しんで歌えたなってのは記憶にあります。

――コーラスアレンジも岡本さんがしたんですか?

岡本:アレンジの基本は、当時の私のディレクターが作ってくれるんですけど、それを聴きながら、こうしたらどうかなって案を出す感じでした。

千聖:そう、だから僕が思っていたのと全然違うコーラスアレンジになっていたから、それにもビックリして。これは凄いことになってるなって。

岡本:ついつい(笑)。

千聖:これも入れてくれたんだ、こっちもとか。地ハモだけじゃないところがすごく新鮮味もあって。結果的にそのコーラスが曲のエンディングまで使われたから、ライブやるたびに真夜ちゃんを思い出すぐらい、コーラスが流れてくる。そのぐらい印象も強かった。

岡本:コラボレーションという感じでしたね。世界が真逆とまではいかないまでも、千聖くんと私とでは活動の場や作る音楽が違うじゃないですか。それもまたおもしろいですよね。

千聖:ポップス畑の人が、こういうハードなロックの人とコラボできる機会は、たしかにあまりないですよね(笑)。でも音楽って、どんなジャンルの人とも一緒にできるという良さも実はあって。当時は異色だったと思いますけどね。真夜ちゃんにコーラスを歌ってもらったことは、周りもそうだったけど、自分が一番ビックリしたかもしれない。真夜ちゃんがデビューして1年ぐらいだったのかな?

岡本:それぐらいの時期でしたね。

千聖:僕はデビューしてちょっとしか経ってなかったので、真夜ちゃんの方が一年先輩だから、真夜ちゃんと気軽に呼んじゃいけないんですよね。本当は岡本先輩なんですよ(笑)。それにしても当時から雰囲気も落ち着いてますよね?

岡本:落ち着いている……という感じなんですかね?(笑) デビュー当時は全然しゃべらないタイプで、人見知りもけっこうあって。デビュー1~2年で、右左も分かんない感じだったので。

――でもテレビ番組で強烈に覚えているのが、イカが好き、という。

岡本:出た!(笑)

千聖:今、初めて知った情報だよ、それ。この前、どっかで食べたらピョ~ンと飛んでったとか言ってたのが、イカの話?

岡本:あれはエビ(笑)。そう、デビュー当時に『うたばん』で、好きな食べ物を聞かれて、イカって答えたんですよ。そしたらテレビ画面いっぱいに“イカ”って文字が出て。タカさん(石橋貴明)と中居(正広)くんに、ものすごく大爆笑されて。

千聖:イカって、通常はなかなか出てこない単語だと思うよ(笑)。

岡本:そこから2~3年間、どこのお店に行っても、頼んでないのにイカ料理が出てくるっていう(笑)。食べ過ぎちゃって、一時期、5~6年は食べれなくなるっていう。

千聖:身体にはいいんだけどね。タウリンいっぱいで。

岡本:でも当時はクスクス笑われてましたよ。

千聖:その落ち着いた雰囲気で「イカ」と答える、そのギャップでしょ。パスタかなぐらいに思うじゃないですか、雰囲気的に。それがイカって。

岡本:だから『うたばん』に出るたびに好きな食べ物を質問されちゃって。「いや、イカ以外は出てきません」って(笑)。

――その当時はPENICILLINもいろんな番組に出てたじゃないですか。一緒になる機会も?

千聖:意外にないんだよね。やっぱ今の時代ですよね、ツイッターとかで。

岡本:ツイッターで何年か前につながったんですよ。

千聖:SNSのありがたいところで、真夜ちゃんが今どんなことしているのか、だいたい分かるじゃないですか。今回のレコーディングを頼む時も、真夜ちゃんに歌ってほしいなと思いながらお願いするタイミングを計ってた。ミスターって僕は呼ばれてるんだけど、重盛さんやO-JIROに「ミスター、聞いてみた?」と何度も聞かれるんですよ。「いや、真夜ちゃんの動きを見て、オファーのタイミング決めるから、もう少し待って」って(笑)。

岡本:ツイッターで?(笑)

千聖:そうそう、今はリハ期間だから忙しいんだよとか。あとピアニストとしての活動で地方へ行ってるからとか。

岡本:あら、いつでもいいのに。

千聖:それで1~2日待って、よし、今だってツイッターのDMを送って。それでも忙しそうだから無理だろうなと思ったら快諾してくれて。

岡本:すごく嬉しかったですよ。20年ぶりにまたコーラスを歌えるっていう。しかも好きな曲を。

千聖:ほんとに優しい。そこからは早かったですよね? 数日後の勢いで録ってくれて。

岡本:喜んで歌いますよ。