ここから本文です

ねごと、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)プロデュースのニュー・シングル表題曲を先行配信

6/7(水) 18:15配信

CDジャーナル

 6月21日(水)に発売される、ねごとのニュー・シングル「DANCER IN THE HANABIRA」(初回生産限定盤 KSCL-2936~37 1,800円 + 税 / 通常盤 KSCL-2938 1,200円 + 税)がiTunesにて予約受付開始。併せてレコチョク、mora、apple music、LINE MUSIC、Spotifyなどの配信サイト / サブスクリプション・サービスで表題曲「DANCER IN THE HANABIRA」先行配信もスタート。iTunesでは、シングルの予約で表題曲のダウンロードが可能です。

 表題曲「DANCER IN THE HANABIRA」は、昨年発表の楽曲「ETERNALBEAT」に続き、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)がサウンド・プロデュースを担当。蒼山幸子(key, vo)は楽曲について、「一緒にいることが当たり前だったのにもう会えなくなってしまったり、いつの間にか遠くなったり、生きていて通り過ぎてゆく人たちの面影は散ってゆく花びらのように淡く甘いです。そのことを考えながら過ごす今は、きっともっと甘く素晴らしいものだと思い、こんなタイトルをつけました」とコメントしています。シングルのカップリングには、ヒップホップとエレクトロを融合させた「DEADEND LOVE STORY」、「ETERNALBEAT」を沙田瑞紀(g)がリミックスした「ETERNALBEAT -Mizuki Masuda Remix-」を収録。

 リリースに伴い、6月26日(月)東京・恵比寿 LIQUIDROOM、6月27日(火)大阪・梅田 CLUB QUATTROにて〈ねごと presents「ETERNALBEAT NIGHT」〉を開催。両公演ともに、R-指定とDJ松永か成るユニット、Creepy Nutsと共演します。

最終更新:6/7(水) 18:15
CDジャーナル