ここから本文です

乱高下するビットコイン 米国では「強気予想」が支配的

6/7(水) 17:40配信

ZUU online

4月から急騰を続けてきた仮想通貨ビットコインは5月22日の週に1ビットコイン2800ドル直前まで上げた後、20%近くという急落を演じた。米投資サイトやメディアでは、パニックした論調が多かったが、次第に「ビットコインに乱高下はつきものであり、暴落の後で下げを上回る高騰というサイクルがある」「まだまだ上げる」などの中長期的視野に立った強気予想が支配的になった。

米経済専門局CNBCの番組では複数のゲストが、「今年中に6000ドルの大台を達成する」としている。一方で、「コモディティ王」として知られる著名投資家デニス・ガートマン氏のように「ビットコインはバブルだ」と断言し、「1973年から74年の大豆相場急騰や17世紀のチューリップ・バブルを想起させる」と警鐘を鳴らす論者もいる。米『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙のマシュー・リン記者も「明白なバブルだ」とする。だが、慎重論は圧倒的な少数派だ。

なぜ米国では楽観的な見方が支配的なのか。ここでは仮想通貨プラットフォーム「イーサリアム」とともに仮想通貨の二大代名詞のひとつにもなっているビットコインを中心に、最近の論調を基に分析してみよう。

■乱高下は必定だが安定へ

ビットコイン価格に2800ドル近辺で調整が入ることをピタリと言い当てた米投資会社フォレックス・アナリティックスのアナリスト、ニコラ・デューク氏は「ビットコインの価格には波があり、ピークへの上昇と下落を繰り返す」と述べ、幅の大きい乱高下は避けられないとする。

ビットコイン市場では5月の暴落で一時40億ドルという巨額の価値が失われた。多くのビットコイン保有者や投資家は真っ青になったが、これを押し目買いのチャンスと捉える向きもあった。有力なビットコイン取引所BTCCのボビー・リー最高経営責任者(CEO)は、「それまでの急騰を受けた利益確定売りの結果に過ぎない」と涼しい顔だ。

さらにリーCEOは、これからもビットコインが伸びる根拠として、「日本で支払い手段としてのビットコインが合法化されたこと」を挙げる。実はリー氏だけではなく、米国の仮想通貨楽観論者の大多数が「日本」をビットコイン成長の牽引車として見ていることは興味深い。

同時期に中国における仮想通貨規制が強化された動きとは正反対であるため、日本の規制緩和がより眩しく映るのだろう。日本国内ではなお「ビットコインは日本では普及しない」という悲観論が多いことを考えると、米国識者の日本市場に対する楽観度が際立つ。

米国における楽観視のもうひとつの理由は、最近盛り上がってきた仮想通貨による資金調達(Initial Coin Offering、ICO)だ。スタートアップ企業が株式上場や社債発行による資金調達の代わりに、ビットコインなどを使ってウェブ上の資金調達を行う方式が急速に普及しているのだ。

このように、各国政府によるビットコインの認知が広がり、企業の資金調達の手段としての使用が急増することでビットコインの正統性が高まり、需要がさらに増えるとの算段だ。

また計算上ビットコインは2100万個しか発行できず、2040年までに新規のマイニングが出来なくなるとされる。現在すでに1630万個が流通していることを考慮すれば、さらなる上昇とボラティリティの低下が期待できるとされる。

米投資サイト『シーキングアルファ』が注目するのは、供給量の低さと、将来的な仮想通貨市場への参加者の増加に伴う価値の上昇だ。世界人口70億人のすべてが参入するわけではないにせよ、仮想通貨の絶対的供給量は不足するのが確実だというのである。

先述のヴァン・ピーターセン氏は、「発行量が増えるにつれ、乱高下は収まってゆく。多くの人は仮想通貨が投機だと考えているが、ジンバブエやベネズエラの通貨に比べれば安定している」と主張する。

■政府規制・低流動性・ハッカーに注意

このようにビットコイン急落の最中でも楽観論が支配的な米論壇だが、希望的ムードのなかにも、慎重さを求める声もある。

仮想通貨産業の業界紙『クリプト・コンペア』のチャーリー・ヘイターCEOは、「ビットコインの価値は、(供給量の限界など)技術的な要因以外に、仮想通貨に対する政府規制でも決まる」と述べ、今回の日本政府のビットコイン認知で価格が上昇した例を挙げ、逆に規制強化があれば価値が下落することもあると示唆した。

加えて『シーキングアルファ』では、「ウェブ上のプラットフォームに不具合などが生じた場合、取引が一時的に不可能になる。だからヘッジとして金などのコモディティを保有することをお勧めする」と呼び掛けている。

また、ウェブ上の金融・コモディティ取引には常に悪意を持ったハッカーに狙われる危険性が伴う。ビットコインとて例外ではない。同サイトは、「今この瞬間にハッカーたちはビットコインのシステムを乗っ取る準備を進めているはずだ」として、警戒を緩めないよう注意を喚起している。

さらに、他の投資先に比べてビットコインなどの仮想通貨の流動性はまだ低く、この先も一日で20%以上の乱高下を演じる場面を想定しておくべきだと専門家はアドバイスする。「まだビットコインは投機レベルであることを忘れてはならない」とする。

このように5月のビットコイン急騰と急落を経て、米国の論調は楽観度を増しているが、リスクを十分に理解するよう警告する声も同時に高まっている。(在米ジャーナリスト 岩田太郎)

ZUU online

最終更新:6/7(水) 17:40
ZUU online