ここから本文です

(問う「共謀罪」 学問の世界から)安全と自由の両立、議論足りない 三浦瑠麗さん

6/7(水) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■国際政治学者・三浦瑠麗さん(36)

 「自由は侵害しない」。そんな説明が本質をかすませる。
     ◇
 テロ対策のため国際組織犯罪防止条約に入ることには賛成です。国内的な根拠法も不要とは思わない。ただ、現在の組織的犯罪処罰法改正案は刑法体系を根底から変える。対象となる277の罪が、準備段階で罰するほど重大か検討が足りていません。
 テロとは「国家や社会に対する罪」です。国際社会から見ると、日本はテロへの危機意識が薄い。イスラエルではホテルに入る車を金属探知機で調べるのが当たり前。日本でも不特定多数の人が集まる「ソフトターゲット」を守るには警備能力の強化が欠かせない。……本文:1,743文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ