ここから本文です

ドナルド・フェイゲン、全ソロ・アルバムとレア音源を収めた5枚組を発表

6/7(水) 18:15配信

CDジャーナル

 9月23日(土)と24日(日)に神奈川・横浜赤レンガパーク野外特設ステージで開催される〈Blue Note JAZZ FESTIVAL 2017〉に出演するドナルド・フェイゲン(Donald Fagen)が、これまでに発表した4枚のソロ・アルバムとレア音源を収録するCD5枚組『チープ・クリスマス: ドナルド・フェイゲン・コンプリート』(WPCR-17861~5 6,000円 + 税)を8月23日(水)に発売。2012年に配信されていた音源の初CD化です。

 スティーリー・ダンのフロントマンとして活躍してきたドナルド・フェイゲンは、1982年に初のソロ・アルバム『ナイトフライ』を発表。その後、『カマキリアド』(93年)、『モーフ・ザ・キャット』(2006年)、『サンケン・コンドズ』(2012年)と10年間に1枚ずつアルバムを発表してきました。『チープ・クリスマス』には、これらのアルバムをタイトルごとに収録。レア音源を集めたDisc 5には、映画『ブライト・ライツ・ビッグ・シティ』に提供したシングル曲「センチュリー・エンド」や、シングルのカップリング曲などが収録されています。

最終更新:6/7(水) 18:15
CDジャーナル