ここから本文です

【インド】コカコーラ、果実調達網強化に17億ドル投資

6/7(水) 11:30配信

NNA

 米飲料大手コカ・コーラは5日、インドで果汁飲料の原材料である果実の現地調達体制を整備する。他の事業も含め、向こう5年間で総額17億米ドル(約1,863億4,000万円)を投資する方針だ。タイムズ・オブ・インディア(電子版)が伝えた。
 コカ・コーラによると、投資総額のうち約8億米ドルを果実の調達費用に充てる計画。残りの約9億米ドルは、現地法人ヒンドゥスタン・コカ・コーラ・ビバレッジズ(HCCBPL)を通じて果実の生産や処理、ボトリングに必要なインフラの整備に投じる予定だ。計画には、提携するボトリング企業や果実の供給・加工企業13社も参加するという。
 コカ・コーラは、現地調達体制を強化することで、国内の約20万軒の農家が恩恵を受けるとの見通しを示している。

最終更新:6/7(水) 11:30
NNA