ここから本文です

樹木希林 夫・内田裕也と半世紀別居「何も苦労しておりません」

6/7(水) 16:20配信

東スポWeb

 女優・樹木希林(74)が7日、都内で行われた映画「ボンジュール、アン」(7月7日公開)の記者会見に特別ゲストとして登場。主演のダイアン・レイン(52)とエレノア・コッポラ監督(81)に花束を手渡した。

 映画は、コッポラ監督自身の体験をもとに製作されたもの。夫の世話と子育てに追われ、自分のことは後回しにしてきた女性が人生の分かれ道に立ち、思いがけない旅で“忘れていた自分”と出会うというストーリーだ。

 コッポラ監督の夫は「ゴッドファーザー」シリーズなどで知られる、名匠フランシス・フォード・コッポラ監督(78)。「主人公に共感するところはありましたか?」と問われた樹木は「私はエレノアさんのように夫に好かれていない。長いこと、50年近く別居してますので何も苦労しておりません。ですから共感するところは、ちょっとないかもしれない」。夫の歌手・内田裕也(77)と長く別居していることに触れ、会場を沸かせた。

 さらに「ちょっと私ごとを話させてもらいます」と前置きした上で「オノ・ヨーコさんに『あなた、顔直してないのね。ハリウッドは結構多いのよ』とうかがった」と話すと、エレノア監督は「私も一切、そういう手術は受けておりません」。樹木は「それは分かります!」と即答した。

最終更新:6/7(水) 16:24
東スポWeb