ここから本文です

講談師・神田松之丞、初のCDアルバム『シブラク名演集』を発表

6/7(水) 18:15配信

CDジャーナル

講談師・神田松之丞、初のCDアルバム『シブラク名演集』を発表

講談師・神田松之丞、初のCDアルバム『シブラク名演集』を発表

 2007年11月に三代目神田松鯉に入門した後、2012年6月に二ツ目昇進を果たし、キャリア9年で120を超えるという持ちネタや、平成28年度〈花形演芸大賞〉で銀賞を受賞するなど、実力・人気を兼ね備えた講談師、神田松之丞が初のCDアルバム『松之丞 講談 -シブラク名演集-』を6月28日(水)に発売します。

 CD2枚組の今作は、東京・渋谷 ユーロライブで行われている落語会〈渋谷らくご〉での口演から三席をセレクト。ボーナストラックには、自らについて語った「松之丞 ひとり語り」を収録。ブックレットには、お笑いコンビ“米粒写経”のツッコミ担当であり、〈渋谷らくご〉のキュレーターを務めるサンキュータツオと、長きに亘り演芸文化の推移を見届けてきた長井好弘(読売新聞東京本社編集委員)の両氏が解説を寄稿しています。

 発売を記念して、7月11日(火)には東京・タワーレコード渋谷店のB1F「CUTUP STUDIO」で開催されるイベント〈渋谷タワレコ亭〉に出演。スペシャル・ゲストに漫才コンビのナイツを迎え、講談・寄席の魅力を伝えます。

最終更新:6/7(水) 18:15
CDジャーナル