ここから本文です

【マーメイドS】ビッシュ 阪神で巻き返す 大敗続きも「力負けじゃない」

6/7(水) 6:02配信

デイリースポーツ

 「マーメイドS・G3」(11日、阪神)

 復活、軽量馬、上がり馬の活躍など、例年、波乱のドラマが繰り広げられる牝馬戦。今年のテーマは「復活」なのかもしれない。昨年のオークス3着馬・ビッシュは、近3走2桁着順が続いているが、頭打ちというわけではない。初の阪神遠征で、巻き返しを図る。

 成長が止まったわけでも、力が頭打ちだったわけでもない。ビッシュはここ3走2桁着順が続いているが、どのレースもあまりにも展開に恵まれなかっただけだ。このマーメイドSで一気の巻き返しを期す。

 そもそも昨年9月の紫苑Sでは、のちに秋華賞、ドバイターフとG1を2勝するヴィブロスを完封した。ただ、その後の3戦は苦手な瞬発力勝負になってしまった。成田助手が言う。「速い脚がなくて33秒台の上がりは使えない。そこへ“よーいドン”の競馬が続いてしまって。状態はずっといいし、力負けじゃないと思っています」。自信の調整が実を結ばずに、じくじたる思いが募っていた。

 また、秋華賞は輸送が敗因との指摘もあったが、成田助手は「到着しても落ち着いていたし、飼い葉も食べていて、状態としては地元戦と変わりませんでした。あれだけ負けたから輸送かと言われたけれど、展開」。今回が初の阪神遠征となるが、その点への不安を一蹴した。

 この春は当初ヴィクトリアマイルを目標に据えていたが、放牧先で調整が遅れたためにここへ切り替えての入厩。G1を自重したかいがあって、4歳春の成長期を目いっぱい生かすことができたようだ。「体はつくべきところに肉がついて大人びてきました。古馬らしくなりましたね」と成田助手は胸を張る。ここで復活して秋の飛躍への足掛かりとしたい。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ