ここから本文です

神戸のダイニングバー「mameron」 初代店主の思い引き継ぎ2年 /兵庫

6/7(水) 10:42配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 神戸・湊川神社近くのダイニングバー「mameron(マメロン)」(神戸市中央区橘通3、TEL 078-779-6913)が6月2日、リニューアルオープンから2周年を迎えた。(神戸経済新聞)

人気の「ポテトサラダ バジル昆布ソース」

 2012年12月3日にオープンした同店。初代店主が海外へ行くことになり店を閉める予定だったが、一から作った店ということもあり思い入れが強く、客として出入りしていた同業者の高吉佑さんに「店を引き継がないか」と声を掛けたという。いつか独立して店を持ちたいと思っていた高吉さんが初代店主の思いを引き継ぎ、リニューアルオープンという形で再スタートした。

 店舗面積は4坪。ハイテーブル3席、カウンター5席を用意し、少人数制の貸し切りにも対応。木目調の内装は、初代店主が手掛け、カウンターから見える壁には大きな世界地図、天井には丸太柄のタペストリーを掲示している。ランチタイムは禁煙、ディナータイムは喫煙可。

 もともとワインバーとしてオープンした同店だったが、高吉さんがビアレストランに勤務経験もあることから、現在は関西では珍しいというアサヒのたる詰め生(通称=マルエフ)や店主が厳選したボトルビールを扱うほか、国内産ウイスキーなどを多くラインアップしている。

 フードメニューは、人気の「ポテトサラダ バジル昆布ソース」(450円)、「〆鯖(しめさば)サンド」(550円)、「おでん大根のポルチーニソースがけ」(250円)、「雑穀ご飯のカレー」(マメサイズ=400円)など。ランチメニューは、「生パスタランチ」(850円)、「カレーランチ」(650円)で、250円増しでコーヒーとお茶菓子が付く。

 ドリンクは、ビール(500円~)、ビアカクテル(650円)、ウイスキー(500円~)、地酒(600円)、グラスワイン(600円~)、ワインカクテル(650円)、ソフトドリンク(400円)などをそろえる(価格は全て税別)。

 高吉さんは「初代店主との思い出が詰まった店なので、内装もそのまま残そうと思った。デザインもとても気に入っている」と話す。「ウイスキーの種類もお客さまの要望に応えていくことで増えた。ビールについても引き続き知識を付けていきたい。いずれはカクテルの種類も増やして、お食事の後にも楽しんでいただける店にしたい」とも。

 営業時間は、ランチ(水曜、土曜を除く)=12時~14時(ラストオーダー)、ディナー=18時~24時。日曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク